うちの神さん ネタバレ 【妻は昼は貞淑、夜は野獣、そして…】

うちの神さん ネタバレ

『うちの神さん』
コミックフェスタで無料立ち読みできますよ♪

▽  ▽  ▽
↓クリック!!↓
>>このマンガはこちらから<<
*うちの神さんで検索してください

 

うちの神さん ネタバレ・感想

 

まだ結婚間もない夫婦でしょうか。

 

お互いに敬語交じりの会話が初々しく、
夫は妻の能力や本性を探りあぐねているようです。

 

夫もまだ見たことのない飼い猫のみいが鳴けば
かなりの確率で雨…

 

みいはいったいどこにいるのでしょうか?

 

妻の妄想?

妻の心の中にいるだけ?

 

 

妻は清純そうで、ちょっと天然。

 

それでいて、夜の誘いは積極的♡

 

夫のモノをしゃぶり

“大きくなってきました”

はっきり言うし…

 

そう言われて、逆に夫が恥ずかしくなってくるのが
面白いです。

 

 

“恥ずかしがるなんて
 かわいい旦那様”

 

夜は完全に妻がリードしています。

 

 

とにかく、くわえて舐めて吸って…

 

         

 

 

 

まずは妻の口でイッてしまう夫。

妻はおいしそうに飲み込みます。

 

 

そして、まだまだ元気な夫。

 

イッた直後なので、まだ敏感な夫のモノを
つつく妻。

 

今度は自分を気持ちよくさせてくれと言わんばかりに
妻は自分の入り口に誘導します。

 

“こちらは柔らかいですよ”

両脚を開き、夫に向けられたワレメを指で広げ…

 

こんな誘い方、新婚でありなのでしょうか…

 

 

“もっと、深い

 とこもっ

 おねがい しま すうっ”

 

はっきり自分の好みを伝える妻。

自らも腰を動かし
そのときは妻が先にイッた。

 

 

“ごめんなさい

 私、だんなさまより先に

 次は いっしょに”

 

しっかり、自分の欲求は満たしたみたいです♡

 

 

次の朝、妻はまた貞淑そうな妻にもどっていました。

 

朝食はごはんと味噌汁、焼き魚と漬物。

 

そして、テレビからは殺人事件のニュース。

夫がいつも通っている公園で、その遺体はみつかった。

 

前日、妻が夫にお使いを頼んでいなかったら…

 

妻はわざとお使いを頼んだのでしょうか?

 

漫画名 うちの神さん
作者 日辻ハコ
配信 コミックフェスタ(レーベル:カゲキヤコミック)
配信話数 1巻まで配信中(2017年11月10日時点)
価格 1巻300pt
あらすじ 僕の妻は少々変わっている。見えない飼い猫が鳴けば雨が降る事がわかる。まだストックがある醤油の買い物を急に頼んでくる。何故だろうと思うけど夜セックスを求める妻に応じた。そそり立つ陰茎を温かな口内で包まれ堪らず射精した後、今度はこちらでと柔らかくトロトロな秘部に導かれ最奥の子宮を激しく突けば絶頂を迎える妻。ほどなく僕も果てて極上に甘い時間は終わった。しかし翌朝、ニュースを見ると不思議な点が繋がって…

 

↓  ↓  ↓
>>このマンガはこちらから<<
*うちの神さんで検してくださいね