うちの神さん ネタバレ 【僕の妻は 少々変わっている…】

うちの神さん ネタバレ

『うちの神さん』
コミックフェスタで立ち読みできますよ♪

▽  ▽  ▽
↓クリック!!↓
>>このマンガはこちらから<<
*うちの神さんで検索してください

 

ネタバレ

 

『僕の妻は 少々変わっている』

 

“まあ大変
 今日は降るみたいですよ”

貞淑で従順そうな妻は、高確率で雨が降ることを
言い当てる。

飼い猫のみいが鳴くと雨の合図らしい。

飼い猫とはいっても、
『僕』はその猫の姿を見たことがない。

 

しかし、雨の合図は面白いくらいに当たる。

 

その日は太陽が照り付け
蝉の声がうるさく
雨が降るとは思えないような天気だった。

 

しかし夕方。

 

ゴロ ゴロ ゴロ

 

   ポツ

      ポツ  ポツ

 

ザーーーーーーッ!

見事に雨が降ってきた。

 

帰り道、いつもの公園にさしかかるとき
妻からの電話。

 

引き返して、商店街で醤油を買ってきてくれ
というものだった。

 

“それはもう大至急です”

 

醤油を買って帰ると
家には醤油が1本あった…

 

 

夜の妻は積極的だった。

 

『僕』の指を触りながら

“もし お嫌でなかったら…”

 

そして、『僕』のモノを取り出し
口にくわえて吸ったり
舐めたり…

 

“大きくなってきました”

 

『僕』がはずかしくなることを
普通に言ってくる。

 

“恥ずかしがるなんて
 かわいい旦那様”

 

そしてまたくわえた…

 

 

はむ はむ

ぢゅぽ ぢゅぽ

 

  ふっ ん

んん

 

  ぢゅっ

   じゅる じゅっ

    じゅぷっ じっ

ぢゅるるっ

 

ふ ふ

 

   ずるるっ

 

ぶりゅ

     びく びくっ びくん

 

ドプッ

 

    ン゛

コク  んん

       ちゅう

 

出した後の『僕』のモノを
つつく妻

 

“わっ

 あの、まだ び敏感なので”

 

“そうなのですか?

まだお元気ですね
素敵

では
今度はこちらで如何ですか 旦那様

こちらは柔らかいですよ”

 

妻は脚を大きく開き
自らの手でソコを広げた。

 

漫画名 うちの神さん
作者 日辻ハコ
配信 コミックフェスタ(レーベル:カゲキヤコミック)
配信話数 1巻まで配信中(2017年11月10日時点)
価格 1巻300pt
あらすじ 僕の妻は少々変わっている。見えない飼い猫が鳴けば雨が降る事がわかる。まだストックがある醤油の買い物を急に頼んでくる。何故だろうと思うけど夜セックスを求める妻に応じた。そそり立つ陰茎を温かな口内で包まれ堪らず射精した後、今度はこちらでと柔らかくトロトロな秘部に導かれ最奥の子宮を激しく突けば絶頂を迎える妻。ほどなく僕も果てて極上に甘い時間は終わった。しかし翌朝、ニュースを見ると不思議な点が繋がって…

 

↓  ↓  ↓
>>このマンガはこちらから<<
*うちの神さんで検してくださいね